ホワイトペーパー: 「現実、あるいは架空の話なのか?」 - エンサークルド・フラックス | www.flukenetworks.com
エンサークルド・フラックス - 現実、あるいは架空の話なのか?
ホワイトペーパー: 「現実、あるいは架空の話なのか?」 - エンサークルド・フラックス

2015 年 4 月 10 日

エンサークルド・フラックス・ホワイトペーパー・イメージ EF のもたらす恩恵は過去半年の間、増加しつつあります。すなわち、2014 年を目標とするエンサークルド・フラックス励振条件の実施に関する実施上の配慮点を規定するTIA-TSB-4979 規格の刊行に伴い、その傾向は引き続き増加する可能性があります。

 

この記事では、エンサークルド・フラックス手法とこの手法の実施上の配慮点に関する考察について説明します。

ANSI/TIA-526-14-Bは、すでに敷設業者が光ファイバー試験の最適な手法を実施していると仮定しました。しかしフィールドにいるテクニカル・サポートの方々のだれもが、この仮定は、大抵は間違いであると仰ることでしょう。Tier 1 (基本) の光ファイバー損失測定をうまくやるには、ジグソー・パズルに例えて、4 つのピースの構成要素があります。すなわち、LED 光源、基準値、標準コネクター、そして最後に EF です。これらの4つの構成要素は最適な試験結果を得るために、どれも正しく実施されることが必須です。

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社
〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117 FAX:03−6714−3118 E-Mail:infoj@fluke.com

今すぐ、ダウンロード
 
 
Powered By OneLink