Documento técnico de limpieza de fibra | Fluke Networks

ホワイトペーパー:
規格に準拠した認証と最適手法の適用による光ファイバー端面の
清浄度確認が、光ファイバー障害の 1 番の原因を排除

2016 年 12 月

 光ファイバー端面の検査とクリーニングが、光ファイ バー障害の最も推奨される解決策とされています。しかし、依然としてデータセンター、キャンパス、およびその他のエンタープライズ・ネットワークやテレコム・ネット ワーク環境においては、接続部の汚れが光ファイバー 関連の問題やテスト不合格の 1 番の原因となっています。業界がデータ速度の向上、厳しい損失バジェット、新しい多芯光ファイバー・コネクターの使用に対応する なか、光ファイバー端面の検査とクリーニングを予防的に行って、ネットワークのアップタイム、パフォーマンス、機器の信頼性を確保することがこれまで以上に重要になってきています。

本ホワイトペーパーは、国際電気標準会議 (IEC) により制定された IEC 61300-3-35 規格と、それに準拠した2 秒以内で端面を検査および認証する自動認証ソリューションについて解説しています。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

フルーク・ネットワークス
株式会社 TFF フルーク社
〒108-6106 東京都港区港南 2-15-2 品川インターシティ B 棟 6F
TEL:03−6714−3117     FAX:03−6714−3118     E-Mail:infoj@fluke.com

 

 
 
Powered By OneLink